【100万ドルを自分の子供に譲る理由】譲った後について対応をする

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

【100万ドルを自分の子供に譲る理由】譲った後について対応をする

もし100万ドルを誰かに譲るとしたら、それは誰ですか ?

100万ドルを自分の子供に譲る!でも100万ドルっていくらなの?

自分には縁がないこの100万ドルについて調べてみた。一体100万ドルって日本円でいくらになるのか。

1ドル=149円らしいが

100万ドル=1億49780000円になるようです😱

そんな非現実的な数字ですがもしも持っていたとしたら自分の子供に譲ります😄

しかし同時に贈与税とやらが気になります。贈与税って結構かかると聞いています。

暦年贈与は年110万円まで申告不要で非課税

贈与税の申告方式には暦年課税と相続時精算課税という2つの種類があり、暦年課税は、もらう人(受贈者)ごとに年間110万円までの贈与が非課税となり、110万円以内であれば申告も不要です。

110万円を超えた贈与額については、受贈者に贈与税がかかる仕組みになっています。

しかしあげる人(贈与者)と受贈者、双方の意思が求められます。書類の作成は必須ではなく、「自分の財産を無償で譲る」「はい、受け取ります」という口頭の合意だけで効果が発生します。

しかし私の場合は譲る前に多分一生住める家を買う事としますので、100万ドルは無くなると思います😄

ちょっと私には似合わない堅苦しい内容でした!

ふるさと納税について

dog
dog

ポケマルふるさと納税! 

生まれ故郷はもちろん、応援したい地域や特産品などを簡単に探すことができ、 シンプルな手続きでふるさと納税の申し込みを行えます。

コメントはこちらへ

  1. NICE POST ❤️


へバーデンリング