初体験でふるさと納税をやってみたい、楽天のふるさと納税に挑戦する

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

50代の趣味ブログ

初体験でふるさと納税をやってみたい、楽天のふるさと納税に挑戦する

50代の趣味ブログ

ふるさと納税初体験楽天 で疑問を解消できること

ふるさと納税初体験楽天 で疑問を解決します。
楽天ROOMは趣味で商品を探し掲載していたけど、楽天で「ふるさと納税」
をそう言えばどうやってやるんだろう?とふと疑問に思い調査しました。下記をご参照ください。比較的初めてでも分かりやすいです。

検索さん
検索さん

ふるさと納税のやりかたですね

ふるさと納税初体験楽天では、商品を注文したことはあった。しかしふるさと納税は経験がない。

初体験を楽天でふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分の故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。さらに寄付金のうち2,000円を超える部分については、所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

なおふるさと納税は、2008年5月に始まった制度で、都市集中型社会における地方と
大都市の格差是正・人口減少地域における税収減少対応と地方創生を主目的としています。

では、ふるさと納税の仕組みは、以下のとおりです。

  1. ふるさと納税に取り組んでいる自治体のホームページやふるさと納税ポータルサイトから、
    寄付したい自治体と寄付金額を選択します。
  2. そして自治体から送付される納付書で寄付金を納めます。
  3. さらに自治体からお礼の品が送られてきます。

ふるさと納税で受けられる控除額は、寄付金額から2,000円を引いた金額です。
控除を受けるためには、確定申告を行うか、ふるさと納税ポータルサイトなどの
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。

楽天でふるさと納税

楽天のトラベルでもクーポンを使ってお得に利用が出来ます

panncake
panncake

旅行で是非使いたい

まずはふるさと納税には、以下のメリットがあります。

  • 第一に応援したい自治体を直接支援できる
  • 第二に寄付金のうち2,000円を超える部分については、所得税の還付、住民税の控除が受けられる
  • 第三に地域の名産品などのお礼の品がもらえる

ふるさと納税は、応援したい自治体を支援できるだけでなく、実は実質自己負担額2,000円で地域の名産品などのお礼の品がもらえる、お得な制度です。

ふるさと納税初体験楽天デメリットもある

さらにふるさと納税には、以下のデメリットがあります。

  • 自己負担2,000円は必ず発生する

実はふるさと納税で受けられる控除額は、寄付金額から2,000円を引いた金額です。つまり、寄付金額がいくらであっても、自己負担額は2,000円となります。

  • 限度額を超えた分には控除が適用されない

ふるさと納税の控除額には、所得に応じた限度額があります。そしてこの限度額を超えた分には、控除が適用されません。

  • 寄付した年は先にお金を支払うことになる

ふるさと納税は、寄付した年の所得税や住民税から控除されます。そのため、寄付した年は先にお金を支払う必要があります。

  • 自分が住む自治体からは返礼品を受け取れない

ふるさと納税の返礼品は、住民税の税源となる寄付の謝礼として送付されるものです。そのため、自分が住んでいる自治体から返礼品は受け取れません。

名義は同じである必要がある

  • 支払うクレジットカードの名義が違うと控除されない

さてふるさと納税の寄付金は、寄付した本人名義のクレジットカードで支払う必要があります。そして寄付者名義とクレジットカードの名義が異なる場合は、控除を受けることができません。

  • 手続きに手間がかかる

ふるさと納税で控除を受けるためには、まずは確定申告を行うか、ふるさと納税ポータルサイトなどの「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する必要があります。さらに確定申告を行う場合は、手続きが複雑になる可能性があります。

ふるさと納税は、メリットだけでなくデメリットも把握した上で利用することが大切です。


へバーデンリング