愛着があった子供の頃のアイテム、そしてそのアイテムは今現在では

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

愛着があった子供の頃のアイテム、そしてそのアイテムは今現在では

ブログお題

Describe an item you were incredibly attached to as a youth. What became of it?

愛着子供の頃のアイテム

愛着子供の頃のアイテムとは?

私の愛着は「ぬいぐるみ」でした。くまやいぬ、そして、モンチッチ、赤ちゃんなどのぬいぐるみでしかも、自分でも「あみぐるみ講座」を受講し小学生から得意な裁縫や編み物。その編みぐるみがぬいぐるみとして沢山作りました。

その愛着は自分が愛着不足からと調べれば調べるほど出てきますが、自分ではそうは思ってはいなかった。

しかし、こんな内容が出てきていわば「そうかもしれない」とおもう部分が多かった。それは、

実は親からの愛情不足で育った人の特徴6選【アダルトチルドレン】

  • 1.自分の存在意義がわからない 自分の価値や存在意義に対して不確かな感じを持つことがあります。 …
  • 2.ここにいていいのか不安になる …
  • 3.心から人を信じられない …
  • 本当の自分がわからない …
  • 5.素でいられる友人がいない …
  • 6.心を許した人に依存してしまう …

上記が出てきた。しかし、全部が当てはまる訳ではない。1と3と5は案外当てはまりますが、他は違うとおもう。

特に3は完全に当てはまる。それは子供の頃から植え付けられていた。そして、大人になっても人が信用できない。そう心から信用が出来ずにいる私です。

心から人を信用しない理由

初めから信じても大丈夫なのか、また裏切られるのではないかという恐れから、
人を本当に信頼するのが難しい人もいます。この問題を克服するには、
自分の感じている不安と怖さに向き合う必要があります。人に騙されたことがある。裏切られたことがある。

そうなって信用が出来ずにいる。トラウマのように・・・

だけど普段は普通にいられるが、あるいみ自分は「うつ病ではないか」ともおもえてしまう。

ただの一度も病院へ行ったことは無いが、人間不信は子供の頃からある。

そのせいか最初に話した通り「ぬいぐるみ」に依存してしまう。50代になっても沢山ぬいぐるみが欲しいと思うのは、単なる可愛さからではなくて、子供の頃の親からの愛着不足からなのか?

そして、自分を隠して生きているのか?なぜか、よくわからなくなります。

しかし、そんな私は、私の言う事を聞いてくれるこのブログはとても楽しい。さらに好きな文字打ち好きな情報を発信している。

運よくアフィリエイトやアドセンスが収益が発生してくれたらそれだけで生活が出来るかもしれない!

などと夢見ている私ですが・・・

愛着子供の頃のアイテム、それは大切なぬいぐるみです。手作りのあみぐるみも好きでした。


へバーデンリング