アロマティカスについて調べてみた今話題の植物とはどんな植物なのか

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

50代の趣味ブログ

アロマティカスについて調べてみた今話題の植物とはどんな植物なのか

50代の趣味ブログ

アロマティカスゴキブリ枯れる アロマティカスについて調べてみた

アロマティカスゴキブリ枯れる?

アロマティカスは、シソ科プレクトランサス属の多年草です。そのうえインドや南アフリカが原産地の植物です。アロマティカスは、じつは多肉質の葉をしており、ハーブにも多肉植物としても分類されています。

触れるとミントに似た爽やかな香りがします。それに香りがよく、ハーブティーや料理などにも使われます。虫除けの効果があると期待されている植物です。

結論から言うとそのアロマティカス特有の香りは蚊・アブ・ゴキブリ・ハエなどの虫よけになります。😄

しかしゴキブリもハエも嫌だな・・

室内でも比較的育てやすく玄関や出窓など外部から虫が侵入しやすい場所に置くのがお勧めですね🎵

このことを詳しく調べようと思ったのはあるタレントさんが話していた事を覚えていてその事について調べた内容をまとめてみようと思ったのです。実は私の家でも最近ゴキ様が出始めたのです😱

虫が苦手な人には、とてもおすすめです。

アロマティカスゴキブリ枯れる ゴキブリが嫌いな臭いは何でしょうか?

ゴキブリはこの「タイム」を含むしそ科の植物の臭いをとても嫌います。

その中でもタイムに含まれる「チモール」と「オイゲノール」という成分はゴキブリを寄せ付けにくいと言われていますね。

そのほかにレモン・スパイス類(ねぎを除く)・ハッカ・花の匂いが嫌いなようです。

ゴキブリは塩も嫌いです!塩は食べませんね😱

ゴキブリの好きな臭いもある

仲間の臭い(ゴキブリの体臭・糞に含まれるフェロモン)たまねぎ・にんにく・にらなどのネギ類の臭い・干しエビ・煮干しなどの乾物の臭い・アンモニア臭腐敗臭など

ゴキブリが侵入する経路

  1. 最初にすべての換気扇にフィルターを設置
  2. 次にすべての排水口に水切りネットや栓をする
  3. そしてシンク下の排水管まわりの隙間をパテで埋める
  4. さらにエアコンまわりと室外機のホースもパテやネットで対処
  5. 次に玄関ドア下や窓の隙間をパッキンテープで塞ぐ
  6. 通気口、換気口にフィルターや防虫ネットを設置

アロマティカスの基本情報

科・属シソ科プレクトランサス属
タイプ常緑多年草
管理温度20~30℃前後が適温(耐寒10℃)
植える場所日当たりがよい場所に植える
水やり春秋は土が乾いたらたっぷり、冬は控えめにする
肥料4~10月
収穫通年
冬越し冬は室内へ移動させ、明るくて風通しのよい窓辺で育てるとよい
【アロマティカスの育て方】増えすぎ対策や増やし方なども解説

じつは実際にまだ私は観葉植物を育てた事が無いのですがホームセンターに行くと売っているかもしれないので気にしながら見て発見次第購入したいと思っています。

アロマティカスゴキブリ枯れる!これは実際にアロマティカスで実験してみる価値はある

アロマティカスです

まとめ

実はアロマティカスの香りは人間にも良い効果があります。それにリラックス効果や虫除け効果、殺菌効果などがあるとされています。

そのため、ゴキブリ対策だけでなく、インテリアやリラックスのためにもアロマティカスを活用してみてはいかがでしょうか。

パーソナル診断で自分に合う観葉植物が見つかるオンラインストア【AND PLANTS】


へバーデンリング