自分の子どもになってみることで、子どもたちの考えている事を知る事

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

自分の子どもになってみることで、子どもたちの考えている事を知る事

ブログお題

1日だけ他の誰かになれるとしたら、誰になりますか ? それはどうしてですか ?

自分の子どもになり何を考えているのかを知る

自分の子どもが何を考えこの先どうして生きて行きたいのか、何を仕事としてやっていきたいのかなど悩んでいることは無いですか?

自分の子どもが正直何を考え今後どうしていきたいのかさえ分からないでいます。そんな同じ考えでいる方の為にこの課題に向き合う事にしました。

検索
検索

子どもの悩み、将来の夢など検索して親としてどう対応していくのか?

この記事では「プロンプト」に関心を持ちその課題にこたえるわたしの趣味の部屋ブログです。本日の課題に回答しようと参考に出来るように作り上げていきたいと思いますので最後までお付き合いください。

こどもの気持ちが分かる内容

自分の子どもになる
何を考えているのかを知る事

子どもの気持ちを知るには、子どもが自分の言葉で「思い」を伝える機会を設けることが大切です。子どもは、自分の言葉で「思い」を伝えることで、自分の気持ちがわかるようになります。

子どもの心を理解するうえで大事なのは、想像する力と共感する力です。今、子どもは何を思って、どんなことを考えているんだろうと想像力を働かせたり、その子の気持ちに寄り添って共感したりしましょう。

子どもの話を聞くとこんな効果がある

  • 想像力や共感力が育つ
  • 相手の気持ちが理解できるようになる
  • がまん強さが身につく
  • 自己肯定感が高まる
  • 思考が整理され、感情のコントロールが上手になる
  • 心が安定し、学習意欲が高まる
  • 相手の話に興味を持ってくれていることがわかると、それが嬉しくてどんどん話をしたくなる
  • 相手を主役にして話を聴くことで、信頼関係が構築されていきます
  • 学校や社会でなされている「評価」や「指導」といったことを抜きにして、保護者が傾聴によって子どもの話を受け止めることで、子どもは、「自分の気持ちを十分にわかってもらえた」「自分と同じ気持ちになってもらえた」と感じます

まとめ

子どもは、話を聞いてもらうことで「私を見てくれている」と感じ、自己肯定感を高める効果があります。子どもにとって、信頼できる大人の第一条件は、自分のことをわかってくれる人です。自分の話をちゃんと聞いてくれた、気持ちをわかってくれたと感じることで、親に対する信頼感が高まり、愛情を実感できます。さらに、“自分はこんなに大切にされている”と感じることで、自己肯定感も高まります。

私にとって自分の子どもは誰よりも大切な存在です。

50代に入ってもう子どもたちは大きいけれど、子どもの気持ちになってまた考えさせられるいい課題が見つかったと感じました。

panncake
panncake

コミュニケーションが苦手な私ですが、少し子どもの気持ちになって話を聞いてみようと思いました。最後までお読みいただきありがとうございました。


へバーデンリング