病気が完治し手を使った仕事開始が出来る日を楽しみにする現状がある

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

手の手術ブログ

病気が完治し手を使った仕事開始が出来る日を楽しみにする現状がある

手の手術ブログ

今後、最も楽しみにしていることは何ですか ?

病気完治後に手を使い仕事開始をすること

病気が完治をし手を使い仕事開始できる日を楽しみにしています。
来月(2023/8月吉日)に又右手の手術を控えていてその後のリハビリを長くて半年近くやることが決まっています!

この記事を読むことで私の病気が完治をし仕事ができる日を楽しみの一つとしている事。
そして、同じように悩みながら痛みに耐えて頑張ている方々の参考になれば良いなと思い書くことにしました。良ければご参考にしてください。

その手の痛みが来年には軽減されリハビリも終わり、そしてやっと開放されるかもしれない激痛が無くなること。

今回行う手術は最後だと自分では思ってはいますが、でも小指や利き手の手首もまだ気にはなっています。

その痛みが進行しない事を祈るだけです!

手術はもう終わりにしたいけど、正直右手の手首が今はズキズキしてます!しかし医師は「それはまだやらなくても大丈夫だよ」と言っていたので、手首の固定具を装着し治るように続けています!

この病気は女性特有の病気らしいが、しかし男性も案外診察室前に見かけるようになってきてます。なので女性だけとは限らないのです。

飲み薬だけで治れば良いけどそうはいかない病気ですので、1度かかってしまったらもう覚悟が必要かもしれないですね。

病気が完治して仕事開始できる日が待ち遠しい

病気が完治し仕事が再開できる日が
楽しみです

へバーデン結節とは、指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。この疾患の報告者へバーデンの名にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。

症状は、第1関節の腫れ、痛み、曲がりやすさです。最初は指先に違和感や痛みを感じ、徐々に腫れや曲がりやすさが増していきます。進行すると、指先が曲がったまま伸びなくなってしまうこともあります。

原因は不明ですが、加齢や関節の使いすぎ、遺伝などが関係していると考えられています。50歳以上の女性に多く、人差し指から小指にかけての指によく見られます。

治療は、痛みや腫れが強い場合は、消炎鎮痛剤やシップなどで対症療法を行います。進行を遅らせるために、関節の負担を軽減するリハビリテーションを行うこともあります。

手術は、痛みや腫れが強い場合や、指が曲がったまま伸びなくなってしまった場合に行われます。手術では、変形した関節を切除したり、固定したりします。

へバーデン結節は、進行を遅らせることはできますが、完全に治すことはできません。日常生活に支障をきたすような症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

へバーデン結節予防に役立つ内容

以下に、へバーデン結節の予防に役立つことをいくつか挙げます。

  • 関節の使いすぎを避ける
  • 手袋を着用して、関節を保護する
  • 適度な運動で、関節の柔軟性を維持する
  • バランスの良い食事を心がける

これらのことに気をつけることで、へバーデン結節のリスクを減らすことができます。

ブシャール結節とは

ブシャール結節とは、指の第2関節(PIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。第2関節の背側にコブ(結節)ができるのが特徴です。この疾患の報告者ブシャールの名前にちなんでブシャール結節と呼ばれています。

症状は、第2関節の腫れ、痛み、曲がりやすさです。最初は指の第二関節に違和感や痛みを感じ、徐々に腫れや曲がりやすさが増していきます。進行すると、指が曲がったまま伸びなくなってしまうこともあります。

原因は不明ですが、加齢や関節の使いすぎ、遺伝などが関係していると考えられています。40歳以上の女性に多く、人差し指から小指にかけての指によく見られます。

治療は、痛みや腫れが強い場合は、消炎鎮痛剤やシップなどで対症療法を行います。進行を遅らせるために、関節の負担を軽減するリハビリテーションを行うこともあります。

手術は、痛みや腫れが強い場合や、指が曲がったまま伸びなくなってしまった場合に行われます。手術では、変形した関節を切除したり、固定したりします。

ブシャール結節は、進行を遅らせることはできますが、完全に治すことはできません。日常生活に支障をきたすような症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

ブシャール結節に役立つ内容

以下に、ブシャール結節の予防に役立つことをいくつか挙げます。

  • 関節の使いすぎを避ける
  • 手袋を着用して、関節を保護する
  • 適度な運動で、関節の柔軟性を維持する
  • バランスの良い食事を心がける

これらのことに気をつけることで、ブシャール結節のリスクを減らすことができます。

へバーデン結節とブシャール結節は、ともに指の変形性関節症の一種です。どちらも指の関節が変形し、痛みや腫れなどの症状を引き起こします。しかし、へバーデン結節は第1関節(DIP関節)に、ブシャール結節は第2関節(PIP関節)に症状が現れるという違いがあります。

母指CM関節症とは

母指CM関節症とは、親指の付け根のCM関節に生じる変形性関節症です。CM関節は、親指の第一関節と手首の骨とをつなぐ関節で、握る、つまむなどの動作に重要な役割を果たしています。

母指CM関節症の症状は、以下のとおりです。

  • 親指に力を入れる動作(握る、つまむ、瓶のふたを開けるなど)で痛みが出る
  • 親指が開きにくくなる
  • 親指の付け根あたりが腫れる

原因は、加齢による関節の軟骨の摩耗や、関節の使いすぎ、遺伝などが考えられます。実は、40歳以上の女性に多く、主婦や事務職など、手を使う仕事に従事している人に多いといわれています。

治療は、痛みや腫れが軽度の場合は、消炎鎮痛剤やシップなどで対症療法を行います。進行を遅らせるために、関節の負担を軽減するリハビリテーションを行うこともあります。

痛みや腫れが強い場合や、関節の変形が著しい場合は、手術が行われることもあります。手術では、関節を切除したり、固定したりする方法が行われます。

母指CM関節症は、進行を遅らせることはできますが、完全に治すことはできません。日常生活に支障をきたすような症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

母指CM関節症の予防に役立つ

では以下に、母指CM関節症の予防に役立つことをいくつか挙げます。

  • 第一に関節の使いすぎを避ける
  • 第二に手袋を着用して、関節を保護する
  • 第三に適度な運動で、関節の柔軟性を維持する
  • さらにバランスの良い食事を心がける

これらのことに気をつけることで、母指CM関節症のリスクを減らすことができます。

手の病気が治ればやりたいことが増えて夢がある

病気完治手仕事開始、夢がありますが、まずは長年行ってきたヨガを行いたい

実はホットヨガを10年位継続していました。下記サイトをご覧ください。


へバーデンリング