【見ているだけで】癒やされますが最初は犬がすきでしたが何となく!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

犬派から猫派へと変化したその気持ちに一体何が起こったのかを調査

ブログお題

犬と猫のどちらが好きですか ?

犬と猫どっちがいい 最初は犬が好きだったけど

犬と猫どっちがいい? そう考えた時にどちらかというと皆さんはどちら派でしたか?私は、
今は猫のほうが好きかもしれません!

最も魅力を感じているのは、鳴き声が「にゃ~」という小さな泣き声で可愛く思えてしまいます!

そして、何よりも特に散歩も必要がなく、家で飼えるならば猫が良いですね!

犬と猫どっちがいい?そう考えた時猫がいいと思った。

犬と猫どっちがいいか 猫を飼うメリット

まずは、犬よりも猫を飼うメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  1. 散歩の必要がない

犬は運動量が多いため、毎日の散歩が必要です。雨の日や体調が悪い日でも、散歩に出なければいけません。一方、猫は室内でのんびり過ごすことを好むため、散歩の必要がありません。仕事や家事で忙しい人や体力に自信がない人でも、猫なら飼いやすいでしょう。

  1. トイレのしつけが簡単

犬はトイレのしつけが難しいと言われています。トイレの場所を覚えるまでに時間がかかったり、間違った場所で排泄したりすることもあるでしょう。一方、猫はトイレのしつけが比較的簡単です。トイレを用意して、猫がトイレで排泄するところを見せてあげれば、すぐに覚えるようになります。

猫の鳴き声について

  1. 鳴き声が小さい

犬は警戒心が強いため、吠えやすいと言われています。特に、知らない人や犬が近づいてきたときには、大きな声で吠えることがあります。一方、猫は警戒心が強いとは言えず、吠え声も小さいため、近隣への迷惑が少ないでしょう。

また、猫は独り遊びが得意なため、飼い主が忙しいときでも一人で過ごすことができます。さらに、猫は犬よりも寿命が長いため、長く一緒に暮らすことができます。

犬と猫どっちがいいか
勿論猫

ただし、猫にもデメリットはあります。例えば、猫は単独行動を好むため、飼い主と常に一緒にいたい人には向いていません。また、猫は狩猟本能が強いため、家具やカーテンをひっかいたり、鳥や小動物を捕まえたりすることもあります。

犬と猫、どちらを飼うかは、自分のライフスタイルや性格などに合わせて検討するとよいでしょう。

犬と猫どっちがいいか 猫を飼うデメリット

しかし、猫を飼うデメリットは、大きく分けて以下の5つが挙げられます。

  1. 猫は単独行動を好む

猫は基本的に単独行動を好む動物です。飼い主に甘えたい気持ちはあるものの、常に一緒にいたいわけではありません。そのため、飼い主と常に一緒にいたい人には、猫は向いていないかもしれません。

  1. 猫は狩猟本能が強い

猫は狩猟本能が強い動物です。そのため、家具やカーテンをひっかいたり、鳥や小動物を捕まえたりすることがあります。ひっかき傷や捕獲した小動物の死骸を目にすると、ショックを受ける人もいるでしょう。

  1. 猫は抜け毛が多い

猫は抜け毛が多い動物です。そのため、部屋に猫の毛が落ちたり、服や家具に毛が付いたりすることがあります。抜け毛対策として、ブラッシングやシャンプーを行う必要があります。

猫は病気になりやすいの?

  1. 猫は病気になりやすい

猫は病気になりやすい動物です。特に、高齢になると、腎臓病や心臓病などの生活習慣病を発症するリスクが高くなります。そのため、定期的に健康診断を受けさせて、病気の早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

  1. 猫は費用がかかる

猫を飼うには、食費や医療費などの費用がかかります。食費は、1日に1食200円程度が目安です。医療費は、健康診断や予防接種、病気治療などの費用がかかります。また、トイレ砂やキャットタワーなどの用品も必要です。

猫を飼う前に、これらのデメリットをよく理解しておくことが大切です。

犬と猫どっちがいいの
猫がいいです
デザイナーズ猫ケージ『ieneko』

具体的には、以下の点に注意しましょう。犬と猫どっちがいいかここまで読むと悩みます

  • 猫は単独行動を好むため、常に一緒にいたい人は、犬を飼うことを検討する。
  • 猫は狩猟本能が強いため、家具やカーテンのひっかき対策や、鳥や小動物を捕まえないための対策を講じる。
  • 猫は抜け毛が多いため、ブラッシングやシャンプーなどの抜け毛対策を講じる。
  • 猫は病気になりやすいため、定期的に健康診断を受けさせる。
  • 猫を飼うには費用がかかるため、経済的に余裕があるかどうかを検討する。

まとめ

猫を飼うメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  • 散歩の必要がない
  • トイレのしつけが簡単
  • 鳴き声が小さい

一方、デメリットは、大きく分けて以下の5つです。

  • 猫は単独行動を好む
  • 猫は狩猟本能が強い
  • 猫は抜け毛が多い
  • 猫は病気になりやすい
  • 猫は費用がかかる

猫を飼うかどうかは、自分のライフスタイルや性格などに合わせて検討するとよいでしょう。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 猫は単独行動を好むため、常に一緒にいたい人は、犬を飼うことを検討する。
  • 猫は狩猟本能が強いため、家具やカーテンのひっかき対策や、鳥や小動物を捕まえないための対策を講じる。
  • 猫は抜け毛が多いため、ブラッシングやシャンプーなどの抜け毛対策を講じる。
  • 猫は病気になりやすいため、定期的に健康診断を受けさせる。
  • 猫を飼うには費用がかかるため、経済的に余裕があるかどうかを検討する。


へバーデンリング