本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。(Amazonn アソシエイト含む)

 

人間関係リセット症候群・悩み体験談

他人の一言で勝手に落ち込み勝手に傷つく理由があるそれはトラウマか

人間関係リセット症候群・悩み体験談

他人の一言で傷つくトラウマの理由

他人の一言で傷つく事はありませんか?今現在ならまだしも過去の苦い思いをした言葉を思い出して傷つく事があるのです。もしかしたらそれは「トラウマ」かもしれません

自分の経験を元にこの記事では同じ様に悩んでいる方の助けになればと思いながら理由を探る事で、「ヒント」を見つけたい。

では、他人の一言で傷つく、しかも過去の記憶を思い出して勝手に傷つくとは、どういう事なのでしょうか?

私は、忘れていたはずの過去の他人の一言で傷つく思いを数え切れない程経験してきました。

1番若い時の記憶をつい最近になり思い出して勝手に傷ついて勝手に落ち込みます。

どうしても忘れられず何度も思い出して傷つく。まだ小学生の頃の思いを何故か思い出す。

考え中
考え中

ずいぶん昔の記憶も思い出すときって何が原因なんだろう

暫くすると忘れて生活を普通にしているのに、ふと一人でいるときや似たような場面になると思い出す。

どうしてなのでしょうか?ストレスだと思い好きなドラマを見たり時には車でドライブに行ったり、美味しい食事をしたりとそんな時には何も思い出しません。

ホントに1人になり何かを考える時間が出来た時にふと思い出すんです。

検索さん
検索さん

そういう時には楽天やAmazonなどのショッピングサイトを見て解消しています

勝手に思い出して勝手に傷つく自分がいます。

こんな記憶は、もう無くなるといいのに何故思い出すのかを考えてみます。

過去に縛られる自分がトラウマのヒント?

他人の一言で傷つく理由とは

もしかしたら自分は親に愛されていなかったと感じる事が増えました。この年齢になり、子育てが終わり1人の時間が増えてきたことで考える時間が出来たからでしょうか?

何故そんな風に思ってしまうのでしょうか?実際は、楽しかった思い出もたくさんあり、親は心配で駆けつけたりもしていた過去がたくさんあるのに。

では、何故愛されていなかったのかもしれない!と思ってしまうのでしょうか?

考え中
考え中

愛されていないと感じる原因は何だろう

家族でも友達でも他人でも、人の目を気にしていた、言葉の意味を深く考えすぎていた。そんな自分がいた気がします。

むしろ疑い深いのです。何か一言嬉しい言葉を発せられても、

本当にそう思ってるのかな?と疑念を抱いてしまうのです。

何故素直に受け入れられないのかは分かりません。

しかし今では前向きに明るいのに、ポジティブなのに、時々自分が分からなくなる。

それはトラウマではないのか?疑問点

こうも考えることができます。嫌な過去が原因でトラウマになっていて、その場面になると疑い悩み苦しむ。

では、トラウマとはこの先行きていくうえで消せないのでしょうか?

トラウマとは何か?
トラウマとは、心的外傷、つまり「心の傷」を指します。トラウマは単なるストレスとは意味が異なり、過去に起こったストレスフルな事象が、後の人生に様々な影響を及ぼしているような意味で使われます。

トラウマの特徴と症状には、次のようなものがあります。

  • 侵入体験(トラウマ場面を急に思い出してしまうこと。フラッシュバックとも言います)
  • 過覚醒(自律神経の内、交感神経が過剰に高くなること)
  • 回避(トラウマに遭遇した場所や場面に近づかない)
  • 麻痺(感情が死んだように凍り付く)
  • 否定的な思考(悪いことばかりを考える)
panncake
panncake

侵入体験があるのかもしれない

トラウマは治るのでしょうか?

トラウマはどの科を受診すればよいですか?

症状が重い場合、数ヶ月経っても回復しない場合は、PTSDである可能性を考えて精神科や心療内科を受診しましょう。 医療機関探しにはインターネットでの検索のほか、お住まいの地域の保健所や保健センター、精神保健福祉センターなどの窓口、かかりつけ医や勤務先の産業医に相談するのもおすすめです。

しかし自分はそれほどではないと思う。いや、思い込んでいるのか?

過去の嫌なことばかり思い出す原因は何ですか?

嫌なことばかり思い出す原因は、マイナスな感情に引っ張られていたり、失敗から身を守るためだとお伝えしました。 負の感情が浮かんでしまったときでも、自分を責めずに認めてあげてください。 嫌な気持ちになったら、なるべく早めに気持ちを切り替えることも大切。

トラウマを防ぐためのヒント

1. 自分を大切にする

  • 十分な睡眠、栄養、運動を心がけましょう。
  • ストレスを感じたら、休息を取ったり、好きなことをしたりしてリラックスしましょう。
  • 自分自身を否定したり、責めたりせず、優しい気持ちで接しましょう。

2. 信頼できる人に話す

  • つらい体験をしたときは、信頼できる人に話を聞いてもらいましょう
  • 気持ちを言葉にすることで、整理しやすくなります。
  • 一人で抱え込まず、周囲の人に助けを求めましょう。

3. 専門家のサポートを受ける

  • 自分だけで対処するのが難しい場合は、専門家のサポートを受けましょう。
  • カウンセラーやセラピストは、トラウマの克服に役立つアドバイスや治療を提供することができます。

4. トラウマについて学ぶ

  • トラウマとは何か、どのような影響があるのかを知ることで、自分の状態を理解しやすくなります。
  • トラウマ克服のための方法も学べます。

5. 自分なりの対処法を見つける

  • リラクゼーション法、運動、アートなど、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
  • 楽しい活動や趣味に没頭するのも効果的です。

6. 時間をかけてゆっくりと回復する

  • トラウマの克服には時間がかかります。焦らず、ゆっくりと回復しましょう。
  • 自分自身に優しく、寛容になりましょう。

7. 周囲の理解を得る

  • 家族や友人など、周囲の人にトラウマについて理解してもらいましょう。
  • 周囲の理解とサポートは、回復にとって大きな力になります。

8. 再体験を避ける

  • トラウマを思い出すような場所は避けましょう。
  • フラッシュバックなど、再体験症状が出た場合は、専門家に相談しましょう。

9. セルフケアを大切にする

  • 十分な睡眠、栄養、運動を心がけましょう。
  • ストレスを溜め込まないように、リラックスできる時間を作

10. 未来に目を向ける

  • 過去にとらわれず、未来に目を向けましょう。
  • 自分が望む人生を送るために、一歩ずつ歩んでいきましょう。

まとめ

今回は「過去にさかのぼりトラウマについて」そのトラウマが原因なのか?トラウマを克服するためのヒントについて書いてきました。人間は弱いので「その一言で傷つくことがある」と言ってきました。
確かにその一言が無ければ悩まず苦しまずに居れた自分。

そして、そのトラウマが原因で前向きになれないと考えてしまう事へのヒントを上げてきました。皆様のご参考になれば幸いです。

最後までお付き合いありがとうございました。面白い本を見つけたのでもしよければ読んでみてください。


へバーデンリング