【私の得意料理】自分が思うにカレー、炒飯、卵焼き、煮物におでん等

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

【私の得意料理】自分が思うにカレー、炒飯、卵焼き、煮物におでん等

ブログお題

得意な料理は何ですか ?

私の得意料理カレー炒飯

私の得意料理カレー炒飯と、そして卵焼きです。しかし、他に得意とする料理ってもっとあるはずなんですが、浮かびません😱

でも最近はリハビリで料理をあまりしていないためかもしれませんね

さらに、もう一つの得意料理はハンバーグも作りました。時間がかかりましたね💦

カレーは得意なんですがジャガイモの皮むきが格好きついです><

チャーハンはフライパンを持つことが出来ないため昔の様なパラパラチャーハンにはならないけどそれでも得意なので家族がおいしいと言ってくれます😄

煮物に味を染み込ませるには?

味を染み込ませるにはまずは高い温度を保ちつつ、時間も必要です。次に 味が濃くなり過ぎないように
薄味の煮汁で、弱火でコトコト煮込むとおいしく出来上がります。 そして煮終わったら火を止めて、
そのまましばらく放置して冷ますことでその後は中まで味が染み込みます。

得意料理カレー炒飯卵焼きですね。煮物は得意ですコトコト煮るのが長いので、簡単な炒飯が好きですね。

煮込む時は何火?

■じっくりコトコトが鉄則! 弱火で長時間煮込む

煮込むと何故柔らかくなる?

煮込むとなぜ柔らかくなるの?

実は、かたい肉を長く煮込むと、やわらかな味わいが生まれます。 これはコラーゲンのゼラチン化が大きく影響しています。 さらに、コラーゲンは、かたい線維状のたんぱく質で、主に、骨や軟骨、腱、皮などの結合組織(細胞と細胞の間を埋めている組織)に存在し、細胞間の接着剤としての役割を果たしています。

煮物 冷める時に味がしみる なぜ?

食材は加熱時に軽くなるが、冷却時には重くなる。 これは加熱時に食材の水分が抜け、冷却時に水分が戻るためで、このとき味の成分も食材の中に取り込まれ、味がしみこむ。 そして冷めるとき50~40℃ぐらいで、調味料水溶液から食材への水分移動が起こる。

以上です。副サイトのアメブロもお立ち寄りください


へバーデンリング