家族と予約したスシロー行ってみたら、感動の回転ずしになっていた

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

50代の趣味ブログ

家族と予約したスシロー行ってみたら、感動の回転ずしになっていた

50代の趣味ブログ

予約スシロー家族で まずは予約番号を

予約スシロー家族で、そして時間になり一緒に出掛けて行った。
私たちは毎年家での食事をするのが年末の基本でした。しかし、それぞれが
もう大人で家族で団らんという事もなくなってきています。

そんなわたしのアイディアは「外食」です。

そうです。本日は「スシローへ行きたい」という子どもたちからの要望もあって前もって予約していました。

そして行ってまいりました。😄下記の様な持ち帰りもあるようですね。

予約スシロー家族で、こんなメニューです。

すっしー行ってきた

今時はタブレット注文で、もう子供たちはどんどん注文をしていきます。

テーブル席だったので子どもに「いくらとまぐろね」と言って注文をお願いする状態でした。

実は、子供たちはわたしとは違う味覚なようです。下の写真は左が赤貝、右がうにの麺です。

予約したスシローを家族で、私と違う味覚でウニと赤貝

以前行った時には無かった「数の子」があり私は子供へ「数の子頼んでね」とお願いをした。

コロナの最中には消えてしまったはずの数の子が、実は復活です。😄

実は、私は必ず昔から食べていたので、2皿お願いをしました。ちょっと箸で持っただけで崩れてしまったところが少し残念でしたが味はとってもおいしかった。特に鰹節も乗っているので味がいいです。

白い色のお皿って?

予約スシロー家族で、初めて見たお皿。白いお皿は?

スシローで白いお皿?

それは、回転寿司チェーンの『スシロー』が5月31日から価格を固定しない「白皿」を新たに導入した。
プレスリリースによると、基本となる黄皿・赤皿・黒皿では規定の価格に縛られて提供が難し
かった商品があり、その枠組みを打破するために導入したとある。しかし、 気になるのは「今後は、
時々に応じて価格設定を行い、商品を展開いたします」という一文。

【OZmall】


へバーデンリング