中華料理と和食のコラボが食卓を彩る、それぞれのレシピを考える内容

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

中華料理と和食のコラボが食卓を彩る、それぞれのレシピを考える内容

ブログお題

お気に入りのレシピは何ですか ?

和食と中華料理のコラボがいい 理由

皆さんは和食と中華料理のコラボを考えた事はありますか?
和食のみだと何だかヘルシーで良いけど味気なく、中華料理だけだと脂っこいな。いっそ両方のコラボで食卓を彩ってみたいと思ったことはないでしょうか?

考え中
考え中

ん~でも両方作るのも面倒だよね?

今回のプロンプトでは「お気に入りのレシピはなにか?」というお題にお答えしていきます。そこで、和食と中華料理で食卓を彩るためのレシピをご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

panncake
panncake

なるべくお金をかけずに作るレシピですのでご覧ください


まずは中華の簡単にできるチャーハン、餃子です。そしていつも手作りなんですが、しかしチャーハンは余りご飯で作ります。

さらに餃子は材料をシンプルにし豚挽肉、キャベツ、ニラなどを使います。いつも沢山作り残りは冷凍保存をし後日に食べます。

もちもちとした皮とジューシーな具材が特徴の餃子は、手作りすると一層美味しさが引き立ちます。以下に、簡単な餃子のレシピをご紹介いたします。

📝材料

  • 餃子の皮: 24枚
  • 豚ひき肉: 250g
  • キャベツ: 1/4個(みじん切り)
  • ニラ: 1本(みじん切り)
  • しょうが: 1片(すりおろし)
  • にんにく: 1片(すりおろし)
  • 醤油: 大さじ2
  • ごま油: 小さじ1
  • 塩: 小さじ1/2
  • コショウ: 少々
  • 水: 適量
  • サラダ油: 適量(焼く時に使用)
検索さん
検索さん

この材料は家にもある様なものでしょ😄

餃子の作り方です

和食と中華の違いですが、食材kらすべて違いますね。これは中華の餃子です。

📝作り方:私個人のレシピです。

  1. まずはボウルに豚ひき肉、キャベツ、ニラ、しょうが、にんにく、醤油、ごま油、塩、コショウを入れ、よく混ぜ合わせます。
  2. そして一枚の餃子の皮に水を軽くつけ、適量の具材をのせます。そして皮の中央に具材をのせ、手のひらで軽く押しながら口を閉じます。さらにしっかりとくっつくように押さえながら包んでください。
  3. 次にフライパンにサラダ油を熱し、餃子を並べます。底がカリッとするまで焼き、水を加えて蓋をして約5分蒸し焼きにします。
  4. そして蓋を取り、再びフライパンで焼き色がつくまでしっかりと焼きます。
  5. お好みのタレ(醤油やラー油など)で食べるか、餃子の皮と一緒にポン酢や酢醤油でいただきます。
panncake
panncake

ぜひ、ご家庭で手作りの餃子を楽しんでください。ではおいしいお料理ができることを祈っています!

和食のレシピです

和食中華違いとは何なのか?それは食材、調理法、煮る、炒めるなど全てです。
勉強中
勉強中

そして和食のレシピは結構ありますが余り費用はかけずに行う茶碗蒸しや、筑前煮など野菜が主ですね!

📝材料

  • 鶏もも肉: 2枚
  • ごぼう: 1本(細切り)
  • にんじん: 1本(斜め切り)
  • こんにゃく: 1枚(一口大のサイコロ状に切る)
  • しいたけ: 4個(石づきを取り、薄切りにする)
  • 木綿豆腐: 1丁(一口大に切る)
  • かまぼこ: 1枚(一口大に切る)
  • あれば季節の野菜(例: ピーマン、スナップエンドウなど): 適量
  • 薄口しょうゆ: 大さじ2
  • みりん: 大さじ2
  • 砂糖: 大さじ1
  • だし汁: 400ml
  • サラダ油: 適量

📝作り方

  1. まずは鶏もも肉を一口大に切ります。
  2. そして鍋にサラダ油を熱し、鶏もも肉を炒めます。肉に焼き色がついたら、ごぼう、にんじん、こんにゃく、しいたけを加えて炒めます。
  3. その後野菜に火が通ったら、薄口しょうゆ、みりん、砂糖、だし汁を加えます。
  4. 次に具材がひたひたに浸かる程度に水を追加し、弱火で約15〜20分煮込みます。さらに途中でアクを取りながら、時々かき混ぜてください。
  5. 木綿豆腐とかまぼこを加え、さらに5分ほど煮込みます。
  6. お好みで季節の野菜を加え、さらに数分煮込んで完成です。

そして煮込むことで野菜たちはしっかりと味を吸い込み、やわらかくなります。そのうえ筑前煮はご飯のおかずとしても、一品料理としても楽しめます。ぜひ、お試しください。

panncake
panncake

これで、和食と中華料理のコラボが完成ですよ。他には漬物やみそ汁などあるといいかもしれませんね

和食と中華料理の違い

  • 食材
    • 和食は新鮮な食材や食材本来の味を大切にし、調味料の味は薄く、あまり多く使わない
    • 中華料理は「色、香、味」を重んじ、調味料の味は濃く、主に調味料の味として食材本来の味を隠すため多めに使う
  • 調理法
    • 和食は煮る、蒸す調理が多く、可能な限りシンプルな調理法を用いて作られる
    • 中華料理は炒める、揚げる工程が多く、複雑な調理工程が多い
  • 調味料
    • 和食は発酵調味料や合わせ調味料、複合調味料をあまり使わない
    • 中華料理は発酵調味料や合わせ調味料、複合調味料をよく使う
  • 食器
    • 和食は浅い鍋を多く使う
    • 中華料理は中華鍋ひとつでメニューのほとんどを作ります

また、和食にはカレーやラーメンなどの外来食も含まれます。中華料理は中国の料理をそのまま、またはアレンジして提供しているお店です

まとめ

いかがでしたでしょうか
今回は和食と中華料理のコラボで食卓を彩るレシピについて書いてみました。

  • 和食と中華料理のコラボがいい 理由
  • 餃子の作り方です
  • 和食のレシピです
  • 和食と中華料理の違い

最後までご購読ありがとうございました。


へバーデンリング