【ウォーキングと散歩の違い】セルフケアを実践する事で前向きになる

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

【ウォーキングと散歩の違い】セルフケアを実践する事で前向きになる

ブログお題

散歩ウォーキング違い セルフケアについて

散歩ウォーキング違い について

お題:どのようにセルフケアを実践していますか ?

ウォーキングについて
健康のため」と言う目的をもって行う歩きをいいます。
ウォーキングは必要な道具や環境を必要とせず、「いつでも」「どこでも」「誰でも」行うことができる最も手軽な運動です。
でも私の場合は、体脂肪を落とす、体重を落とすという目的で行っています。要は「ダイエット」を目的としています。
ウォーキングの効果として調べてみました。


ウォーキングで予防・改善が見込めるもの
・肥満解消
・脂質異常症・動脈硬化改善
・高血圧改善
・血糖値の改善
・肝機能改善
・心血管疾患のリスクが低下
・骨粗鬆症の予防


ウォーキングは何分がベストなのか?

ウォーキングをする距離や時間は、続けやすさを考慮すると1日あたり3kmほど、
30分程度がおすすめです。 歩き始めて

15分ほどで体の脂肪がより多く使われ始めるため、最低でも20分歩くと良いでしょう。 逆に、1時間以上歩くと体が脂肪を

蓄える方向にはたらくため、ダイエットとしては逆効果です。

ウォーキングはどのくらいやるといいのか?

散歩ウォーキングの違い



ウォーキングをする距離や時間は、続けやすさを考慮すると1日あたり3kmほど、30分程度がおすすめです
歩き始めて15分ほどで体の脂肪がより多く使われ始めるため、最低でも20分歩くと良いでしょう。

逆に、1時間以上歩くと体が脂肪を蓄える方向にはたらくため、ダイエットとしては逆効果です。

散歩とは

さて散歩とウォーキングはどちらも「歩く」ことですが、目的が異なります。

実は主に気分転換や血流促進を目的として、目的地を設けずに歩く行為です。
そしてウォーキングは、健康を維持するために、歩幅やスピードなどを計算して歩きます。

散歩は、まずはゆっくりと歩いて花を見たり景色を楽しんだりすることが目的です。
そしてウォーキングは、歩く距離、歩数、時間などを計測して運動量や消費カロリーを定量的に知ることができます。

散歩には、次のような効果があります。

  • ダイエット効果や美容効果
  • 下半身や背中の筋力強化や基礎代謝アップ
  • 適度な運動によって基礎代謝や血流が良くなると新陳代謝が高まり、肌がきれいになる


へバーデンリング