50代からでも出来ることかもしれないと思う事

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

ブログお題

ピアノと心理学学び【私は二つあります!】身につける力と感性を養う

ブログお題

若い頃に学んでおきたかったことを教えてください。

ピアノ心理学学び ピアノの理由とは

ピアノ心理学学びから

1つは(心理学)
2つ目はピアノを弾き人前でも普通に弾けることですね。

心理学を学ぶことによって人の気持ちや考え方心を読めることが出来たかもしれません。実はそういう事が私はとても苦手なんです。そして人の心理を研究し理解し心の維持やコミュニケーション向上などに自分や家族にとって役に立つことを勉強したかったですね。

30日でマスターするピアノ教本&DVD

2:ピアノ

ピアノ心理学学び、ピアノでは学ぶことで脳によい影響を与えるといわれています。

ピアノは若い内に学ぶこと(特に幼少期)が一番身につくことだと確信しています。それは幼少期は素直に学べるしリズム感や想像力や絶対音感などの基礎をしっかりと養えるからです。恐らく5歳ころまでにはピアノを始めていたら聴覚が発達するピークまでにしっかりと身につけられる事が出来ていただろうって思います。保育士をしピアノを苦手としていた私は両手でピアノを弾くことがやっとでした。それはピアノは50代で始めて弾いたからです。

心理学は、人の心を研究する学問です。メリットは?

  • 自分や周囲の人の心や行動をまず理解できる
  • そして人間関係が改善する
  • そしてストレスの対処法が明確になる
  • 次に差別や偏見から解放されやすい

心理学を活かせる職業には、次のようなものがあります。

  • 公認心理士
  • 臨床心理士
  • 心理カウンセラー
  • 産業カウンセラー
  • メンタルトレーナー
  • 心理学者
  • 社会福祉士

心理学とメンタルヘルス学は異なります。心理を学ぶ療法や精神分析が中心で、第一に心の回復を目的としています。そしてメンタルヘルス学は心の健康管理法が中心で、心と体の不調予防を目的としています。

しかし調べてみると難しそうな内容ですがちゃんと出てきますね!だけど人間関係に悩むことは結構ありましたので学ぶことで解決していくと良いなと思います。


へバーデンリング