手術後指人工関節リハビリリハビリまだ曲がらない指が少しずつ変化していった

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

手の手術ブログ

手術後指人工関節リハビリリハビリまだ曲がらない指が少しずつ変化していった

手の手術ブログ

手術後指人工関節リハビリリハビリについて

手術後指人工関節リハビリを行う事

まずは右手の人差し指と中指の2本を手術したが、リハビリは本日より本格的に行います。

指のリハビリにはいくつかの方法があります。以下に、手術後の指のリハビリについて簡単に説明します。

  1. 指の可動域の回復:

    • 指の曲げ伸ばし運動を行います。ゆっくりと指を曲げ伸ばしすることで、指の可動域を徐々に広げていきます。
  2. 筋力トレーニング:

    • まず指を握る力や指の筋肉の強化のために、指を使ったエクササイズを行います。
    • 例えば、ゴムバンドやボールを使って指を握り、力を抜く練習をすることがあります。
  3. デクスタリティ(器用さ)の向上:

    • 指先の器用さや手の細かな動作を改善するための練習も行われます。
    • そしてピンセットを使って小さな物をつまむ、ボタンを留めるなどの動作を行います。
  4. 指のマッサージ:

    • リハビリ中に指の筋肉をほぐすために、指のマッサージを行うこともあります。

リハビリは作業療法士と

リハビリの進行には個人の状態や手術の種類などによって異なる場合があります。そして担当の医師や物理療法士から具体的な指導を受けることが大切です。さらに早期から本格的なリハビリを行うことで、指の機能回復を促進することができます。

指のリハビリをしないと、以下のような影響が生じる可能性があります:

  1. 可動域制限: 最初に指のリハビリをしない場合、手術後の指の可動域が制限される可能性があります。そして指の曲げ伸ばし運動を通じて徐々に指の可動域を広げることが重要です。
  2. 筋力低下: そしてリハビリを行わないと、指の筋肉が弱まることがあります。まずは指を使ったエクササイズや筋力トレーニングを通じて、指の筋肉の強化を図ることが必要です。
  3. デクスタリティ低下: リハビリを怠ると、指先の器用さや手の細かな動作能力が低下する可能性があります。指の動作を改善する練習を行うことで、デクスタリティの向上を促すことが重要です。
  4. 血行不良: リハビリ中の指のマッサージは、指の筋肉の緊張を緩め、血行を促進する助けとなります。リハビリを怠ると、指の血行が悪化し、回復が遅れる可能性があります。

手術後の回復の役割として

手術後指人口関節、リハビリが始まった。それは多少でも期待と不安が入り混じっています。

以上の理由から、指のリハビリは手術後の指の回復に重要な役割を果たします。医師や物理療法士からの指導に従い、早期から本格的なリハビリを行うことが推奨されています。

リハビリは指が最初は痛みがありました

しかし作業療法士さんがゆっくりと様子を見ながら行ってくれ、冷やしながらやることによって少し曲げる事が可能になり痛みも酷くはならず行うことが出来ました。

そして私の趣味と購入履歴とお気に入りがのった楽天ROOMご紹介します😄

顔で笑い心はニガ笑い

一方私の別のアメブロもよろしくね


へバーデンリング