【ブシャール結節手術後】1日目の朝を無事にむかえて思ったことです

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

手の手術ブログ

ふと思う、ブシャール結節の手術後の朝に麻酔が切れたらやる事を解説

手の手術ブログ

麻酔が切れた朝にやる事 看護師さんを呼びます

麻酔が切れた朝にやる事:包帯で固定しなくても手は動くようになりました。でも今回は右手の手術で指2本にメスを入れたのでズキズキ痛みだしてきた。ニュースを見ながら今はゆっくりと又ベッドへと横たわる。

pann
pann

麻酔がキレた時薬で痛みをやわらげれるよ。それか、看護師さんを呼び座薬を入れてもらいましょう。少しでも楽になりたいですね。遠慮していた私は痛みの方が強いので遠慮を止めた話です。

手には包帯が巻かれていてまだ手術した指を見ることは出来ない。
朝食後に医師が手術した指を見に来たときに初めて指を見ることになる。
今迄何度も見てきたが、糸がしっかりと黒で強調されるので最初に見た時には
「うわーー糸が黒い」という印象が1番残ります。2週間後には、抜糸をし
その黒い糸が消えることになる。そしてリハビリが約半年続きやっと一通りの流れが終了します。

その時にまだ手首が激痛が走れば今度はその手術が行われます!
手の病気は本当に長く治療が必要なので、今後は生活面でとても大変なんです。それから仕事にも影響するためまわりの協力が得られないと厳しいです。今日からまた少しずつ痛みと戦いながらのリハビリ頑張ります。そして手術後の朝は色々な思いがありました。

麻酔が切れた朝にやる事 5つの事とは?

手術後朝思うこと。麻酔が切れた。何だか痛む。術後だから仕方がないけど・
  1. 指の可動域運動(ROM): 指を広げたり曲げたりする動きを徐々に行うことで、指の可動域を復元させます。まずはゆっくりと指を曲げ伸ばしすることから始め、徐々に動かせる範囲を広げていきます。
  2. 抵抗運動: 指に少し抵抗をかけながら、指を曲げたり広げたりします。そしてこれにより、指の筋力を回復させることができます。専用の弾力バンドやボールを使って行うことができます。
  3. グリップエクササイズ: 実は、グリップ力を強化するために、ボールや握力器を使ったエクササイズを行います。さらに、ボールを握りしめたり、指を挟んでボールをつかんだりすることで手指の筋肉を鍛えることができます。
  4. フィンガータップ運動: キーボードやピアノのようなフィンガータップを必要とする活動を行うことで、指の協調性と指先の感覚を改善させることができます。そのうえタッピングゲームや指先での精密な作業も効果的です。
  5. 冷却療法: 実は、手のむくみや痛みの緩和に効果があります。さらにアイスパックや氷で指先を冷やすことで、血流を改善し腫れを抑えることができます。
    私が頻繁にやる事はこの方法が多いかもしれません。実は家にある保冷剤で簡単にできますよ。

上記のリハビリテーション方法は、専門家の指導のもとで行うことが望ましいです。また、リハビリプログラムは個人の状態に応じて調整されるべきですので、主治医や専門家と相談しながら進めることをお勧めします。🎵

必要な固定具や予防できる商品 おすすめ品

まずは手術前の痛み、手術後の痛みも含め様々な器具があります。私は作業療法士さんに作って頂いたものも含め、一方で購入した方がいい物もご紹介します。

これは見た目もお洒落で、そして気になる方ならこの方が良いのかもしれません。

へバーデンリングですこちらも以前購入しました。

これは、母指CM関節症の悪化を予防します。そして、腱鞘炎にも良いようです。しかしあくまでも予防なので私のようにもしも酷くなれば手術をするかもしれません。

楽天ROOMでは購入履歴が沢山入っています。こちらからどうぞ


へバーデンリング