本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。(Amazonn アソシエイト含む)

指の第2関節痛い

指の第2関節が痛くてどうしたらいいのかを知りたい!ブシャール結節

指の第2関節痛い

あれ?指の第2関節が・・・痛む、痛い、ズキズキがとまらない
一体なんで?ちょっと物にぶつかると痛むし曲げるのもきつい

腱鞘炎
腱鞘炎

軟骨ないじゃん

そんな指の痛みをかかえていませんか?
今からお話しする内容は私が長年抱えてきた指の関節の病気
どこの病院へ行っても原因と治し方がわからない
病院ごとに言うことが違ったし悩んだことなどいっぱいあった過去
そこで今回は指の関節についてのあれこれを徹底的に検証をしていきます

指の第2関節が痛い原因と症状

「うわー指の第2関節ズキズキする」
「曲げると痛いからどうしよう」
「ロキソニンで治るかな?」
「凄く赤くはれてる」

変形性関節症

変形性関節症は、軟骨の摩耗によって起こる関節の病気です。指の第2関節を含む、あらゆる関節に影響を与える可能性があります。変形性関節症の症状には、次のようなものがあります。

  • 痛み
  • 腫れ
  • こわばり
  • 関節の動きが制限される(腫れて曲げれない
  • 関節の硬さ

ブシャール結節の症状と原因

ブシャール結節は、指の第2関節(近位指節間関節)の軟骨が摩耗し、関節の変形、腫れ、痛みなどを引き起こす病気です。へバーデン結節とともに、指の変形性関節症の1つに数えられます。

症状

  • 指の第2関節の痛み、腫れ、こわばり
  • 関節の変形
  • 関節の動きが制限される
  • 握力が弱くなる
  • 指を曲げ伸ばすのが難しい
  • 関節に水が溜まる(関節水腫)
  • 指の第2関節に硬いしこり(結節)ができる

原因

ブシャール結節の原因は完全には解明されていませんが、以下のような要因が関係していると考えられています。

  • 遺伝: ブシャール結節は家族内に発症しやすい傾向があります。
  • 加齢: 年齢とともに軟骨がすり減り、ブシャール結節を発症しやすくなります。
  • 女性ホルモン: 女性ホルモンの変化がブシャール結節の発症に影響している可能性があります。
  • 手指の酷使: 指を酷使する仕事をしている人は、ブシャール結節を発症しやすいと考えられています。
  • その他の要因: 糖尿病、甲状腺機能低下症、痛風などの病気もブシャール結節の発症に関係している可能性があります。

甲状腺機能低下症ってなに?

           検索で引用した画像

甲状腺機能低下症とは👇

甲状腺機能低下症は、甲状腺が十分な甲状腺ホルモンを生成していない状態です。甲状腺は首の前部にある蝶の形をした小さな器官です。甲状腺ホルモンは、体の代謝を調節する役割を担っています。代謝とは、体がエネルギーを生成し、機能する速度のことを指します。

甲状腺機能低下症の症状は、次のとおりです👇

  • 疲労
  • 寒がり
  • 体重増加
  • 乾燥肌
  • 髪の毛の脱毛
  • 便秘
  • 抑うつ
  • 集中力の低下
  • 月経不順
  • 不妊症
更年期
更年期

抑うつ、集中力、月経不順、不妊症は当てはまらないよ

panncake
panncake

このブログも読んでね👇

ブシャール結節の痛みと診断方法

ブシャール結節は、指の第2関節(近位指節間関節)の軟骨が摩耗し、関節の変形、腫れ、痛みなどを引き起こす病気です。進行性の病気ですが、適切な治療を受けることで、症状をコントロールし、日常生活に支障なく過ごすことができます。

ブシャール結節症状

ブシャール結節の主な症状は以下の通りです。

  • 指の第2関節の痛み: 痛みは軽度から重度まで様々で、指を動かしたり、圧迫したりすると悪化する傾向があります。
  • 腫れ: 関節が腫れ、熱くなることがあります。
  • こわばり: 朝起きた時や、長時間同じ姿勢を続けていると、関節がこわばることがあります。
  • 関節の変形: 関節が変形し、曲がった指や太い指になることがあります。
  • 関節の動きが制限される: 関節の動きが制限され、物を握ったり、指を曲げたり、伸ばしたりするのが難しくなることがあります。
  • 握力が弱くなる: 握力が弱くなり、物を握ったり、ドアノブを回したりするのが難しくなることがあります。
  • 指を曲げ伸ばすのが難しい: 指を曲げ伸ばすのが難しくなり、ボタンを留めたり、ペンを書いたりするのが難しくなることがあります。
  • 関節水腫: 関節に水が溜まる(関節水腫)
  • 指の第2関節に硬いしこり(結節)ができる: 指の第2関節に硬いしこり(結節)ができる

原因

ブシャール結節の原因は完全には解明されていませんが、以下のような要因が関係していると考えられています。

  • 遺伝: ブシャール結節は家族内に発症しやすい傾向があります。
  • 加齢: 年齢とともに軟骨がすり減り、ブシャール結節を発症しやすくなります。
  • 女性ホルモン: 女性ホルモンの変化がブシャール結節の発症に影響している可能性があります。
  • 手指の酷使: 指を酷使する仕事をしている人は、ブシャール結節を発症しやすいと考えられています。
  • その他の要因: 糖尿病、甲状腺機能低下症、痛風などの病気もブシャール結節の発症に関係している可能性があります。

ブシャール結節診断

ブシャール結節は、問診、視診、触診、レントゲン検査などで診断されます。

問診では、痛みの場所、重症度、持続時間、悪化または改善の要因について尋ねられます。

視診では、関節の腫れ、変形などを観察します。

触診では、関節の圧痛、可動域などを調べます。

レントゲン検査では、関節の骨の状態を調べます。レントゲン検査で、関節の隙間が狭くなったり、関節が壊れたり、骨棘(こつきょく)が観察されれば、ブシャール結節と診断されます。

必要に応じて、MRI検査やCTスキャンなどの画像検査を行うこともあります。

最悪の指の状態で手術をおこなうけど、予防ができなかったのです

痛む
痛む

手術をした経験談みてね

女性ホルモンと指の第2関節痛の関係

更年期を迎えた女性に多く見られる指の第2関節の痛みは、エストロゲンの減少が関係していると考えられています。エストロゲンは、女性ホルモンの一種であり、骨や関節、腱などの健康を維持する役割を担っています。

エストロゲンの減少による影響

  • 関節軟骨の減少: エストロゲンが減少すると、関節軟骨が生成されにくくなり、すり減りやすくなります。関節軟骨は、骨同士のクッションの役割を果たしており、これが減少すると関節の痛みや炎症を引き起こしやすくなります。
  • 腱や腱鞘の炎症: エストロゲンが減少すると、腱や腱鞘が炎症を起こしやすくなります。腱は筋肉を骨に繋ぐものであり、腱鞘は腱を包む鞘です。指の第2関節付近にある腱や腱鞘が炎症を起こすと、痛み、腫れ、こわばりなどの症状が現れます。
  • 滑膜の機能低下: 滑膜は、関節を覆う膜で、関節液を生成し、関節を潤滑する役割を担っています。エストロゲンが減少すると、滑膜の機能が低下し、関節液の分泌量が減ります。関節液は、関節の動きを滑らかにし、摩擦を減らす役割を担っており、これが減ると関節の痛みやこわばりが悪化します。

ブシャール結節で限界が来る

指の第2関節痛の根本的な治療法はありませんが、症状を緩和するための治療法はいくつかあります。

  • : 痛み止めや消炎薬
  • 理学療法: 関節の動きを改善するための運動
  • 装具: 関節を固定し、痛みを軽減する装具
  • ヒアルロン酸注射: 関節の潤滑を改善する注射
  • 手術: 関節の破壊が進行している場合、人工関節置換術などの手術が行われることもあります。


痛み止めや装具を装着し仕事をしてきた結果指を酷使し手術に至った経緯があります

結局のところ予防にはPCもよくないので安静にして炎症が抑えれたらそれが一番いいのです

でも生活があり皆仕事をしていくので指は破壊し最悪の状態で手術で治すしかない!

ブシャール結節で最終的に手術になる

ブシャール結節の手術は、進行性関節症であるブシャール結節の症状を緩和するために使用される外科的手術です。この状態は、指の第 2 関節の軟骨の摩耗を引き起こし、痛み、腫れ、こわばりなどの症状を引き起こします。

ブシャール結節の手術には、いくつかの異なる種類があります。最も一般的なものは次のとおりです。

  • 腱切除術: この手術では、指を曲げるのに関与する腱が切断されます。これにより、関節にかかる負担が軽減され、痛みと可動性が改善されます。
  • 関節固定術: この手術では、指の第 2 関節を固定します。これにより、痛みは軽減されますが、可動性も制限されます。
  • 人工関節置換術: この手術では、損傷した関節を人工関節に置き換えます。これにより、痛みと可動性が改善されますが、すべての患者に適しているわけではありません。

ブシャール結節手術は通常、局所麻酔下で行われます。これは、手術部位のみに麻酔を投与することを意味します。手術は通常約 30 分かかります。

手術後、患部は包帯で覆われます。痛みや腫れを抑えるために、鎮痛剤を処方される場合があります。ほとんどの場合、数日以内に通常の活動に戻ることができます。

ブシャール結節手術のリスクには、感染、出血、神経損傷などがあります。手術後も痛みやこわばりが続くこともあります。

ブシャール結節手術を検討している場合は、医師とリスクと利点について話し合うことが重要です。

ブシャール結節手術の成功率は一般的に高いです。ほとんどの人々は、手術後に痛みと可動性の改善を経験します。ただし、すべての患者が手術に満足するわけではありません。

ブシャール結節手術の代替手段には、理学療法、装具、ヒアルロン酸注射などがあります。これらの治療法は、症状を緩和するのに役立ちますが、手術ほど効果的ではない場合があります。

寝込む
寝込む

入院も1泊で大丈夫

まとめ

ブシャール結節は完全に治すことが出来ない病気です

ひどくなったら手術も検討したほうがいいと思います

6度の手術を全部違う指で行いました

未来のために頑張って下さい

こちらのブログもいま話題です👇

母指CM関節症の予防や悪化を防ぐ

私の趣味の部屋 - にほんブログ村

管理人(panncake)をフォローする

へバーデンリングで見た目もおしゃれにしたい

コメントはこちらへ

ヘバループで指の関節を安静に