【リハビリへ行くためのモチベーション】週に一度の電車移動が辛い時

本サイトのコンテンツには、商品プロモーショが含まれています。
Amazonのアソシエイトとして、[管理人]は適格販売により収入を得ています

手の手術ブログ

【リハビリへ行くためのモチベーション】週に一度の電車移動が辛い時

手の手術ブログ

モチベーションは電車移動の工夫 朝の通勤時間帯を避けるなど

モチベーションは電車移動でどうする

  • 最初にピークの時間帯を避けた予約をする
  • 次に乗り換えが少ない
  • そして6時以前か10時以降の電車にのる
モチベーションは電車移動で混雑時間帯を避ける事

などぎゅうぎゅうで混んでいる時間帯のリハビリの予約は入れないようにしては居ます。

でも作業療法士も指名制なのでその方の都合もあってたまに通勤時間帯に当たる時もあります。そういう時はもうほぼ諦めますが早く出て時間になるまでモーニングをするときもあります

徒歩圏内なら良いのですが、でも移動の時間も往復2時間半くらいはある為結構大変かなとおもいます。しかしリハビリで少しでも向上させていきたいので我慢です。

帰りの傘がキツイ!

家を出るときには、横なぐりの雨で傘☔が必要だったんですが、リハビリが終わり帰る頃には少し汗ばむくらいに暑くしかも良い天気になった☀

そして傘が持てない時の工夫は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

  1. 第一に傘の持ち運びを楽にする
  2. 第二に傘を使わなくても濡れない工夫

そして自分で傘の持ち運びを楽にする工夫

まずは傘の持ち運びを楽にする工夫としては、以下のようなものがあります。

  • じつは折りたたみ傘を使う
  • 次に持ち手が短い傘を使う
  • そして傘袋を使う
  • さらに傘ホルダーを使う

折りたたみ傘は、通常の傘に比べてコンパクトに折りたためるため、持ち運びに便利です。要するに持ち手が短い傘も、持ち運びに邪魔になりにくいためおすすめです。傘袋や傘ホルダーを使うと、傘を濡らさずに持ち運ぶことができます。

モチベーションは電車移動で工夫次第

傘を使わなくても濡れない工夫

傘を使わなくても濡れない工夫としては、以下のようなものがあります。

  • 雨具を着る
  • レインコートやカッパを着る
  • 雨よけ傘を借りる

雨具を着れば、傘を使わなくても濡れずに歩くことができます。レインコートやカッパは、雨具の中でも特に防水性が高いためおすすめです。雨よけ傘を借りるのも、傘が持てない時の良い方法です。

また、傘がなくても濡れない工夫として、以下のような方法もあります。

  • 雨宿りする
  • タクシーやバスに乗る

雨宿りできる場所を見つければ、傘がなくても濡れずに過ごすことができます。タクシーやバスに乗れば、傘を使わなくても濡れずに移動することができます。

具体的な工夫をする事

具体的な工夫としては、以下のような例が挙げられます。

  • 折りたたみ傘を2本持ち歩き、片方をカバンに入れておく
  • 傘袋をカバンに常備しておき、雨が降ったらすぐに傘をしまう
  • レインコートやカッパを、カバンや車に常備しておく
  • 雨よけ傘が設置されているお店や施設を事前に調べておく

自分のライフスタイルや状況に合わせて、最適な工夫を見つけることが大切です。

自律神経の調整なら【Cure:Re THE MAKURA】におまかせ!

コメントはこちらへ

  1. ぽんこつ より:

    お疲れ様でした。無事何事もなく帰れてると信じて…!

    • 管理人 jinntyann3000 より:

      ぽんこつさんご心配ありがとうございます。無地に帰れましたよ読んで頂きありがとうございます。コメントも嬉しいです


へバーデンリング